ジェネリック医薬品について|通販でアフターピルを早めに購入/万が一の事態に備えよう

通販でアフターピルを早めに購入/万が一の事態に備えよう

手のひらに乗せている錠剤

ジェネリック医薬品について

「安価で同等の効能がある」ジェネリック医薬品のことです。
ところでこのジェネリック医薬品というのはどういうことなのかご存知でしょうか?

そもそもお薬というのは新薬として世に出る際に製薬会社が要する費用は500億円、時間は9~17年かかると言われています。
それもそのはず、前例のないお薬を一から作るというのはとても大変なことでしょう。有効成分について研究し、検査など試行錯誤を続けるというのは思っている以上に負担は大きいのです。
この新薬のことを先発医薬品とも言います。これはジェネリック医薬品が後発医薬品にあたるからなのですが、このジェネリック医薬品は先発した製薬会社のそのお薬の特許が切れたことで他の会社が作れるものの事を言います。
その際には初めて作るわけでもないので、費用も時間も大して必要としません。前例があるからです。
そのため安く発売することが出来るということなのです。

しかし、全く同じというわけではありません。ジェネリック医薬品には、元のお薬と変えてはいけない部分と変えて良い部分というのがあります。
変えてはいけないとされているのは有効成分などです。そこが変わってしまうと別物になってしまいますからね。
変えて良いのは味や色、形といった部分です。これにより元のお薬は苦くて飲み辛かったなどの点を改善することが出来ます。
このおかげで、この効能は欲しいけどこのお薬は利用し辛い…ということが無く、気持ちよく効能が手に入るようになったということになるのです。